第21回来る福招き猫まつり 瀬戸
                                             来る福招き猫まつり 2015 伊勢
                                             2015年9月12日~29日

 今年もまつりの時期がやってきた。調べてみたら第2回からすべて参加している。第1回は知らなかったのである。ニュースで報道していたのを見てその存在を知ったのである。そして翌年の第2回から参加し始めたのである。この年は伊勢に参加することに精一杯で1年遅れで始まった瀬戸には参加していない。翌年から伊勢と瀬戸の両方に参加するようになったのである。
 しかしその瀬戸への参加が今年途切れてしまう。せめて伊勢にだけでも参加しよう。
 ということで20回目の参加と相成った。11日(金)は仕事があったのでそれが終わってからの出発である。

 準備をしているうちにだんだん遅くなり、メロ君を実家にレンタルし、出発したのは21時をはるかに過ぎた時間であった。

 快調にとばしたが、やはり途中で眠くなる。休憩をとりながら結局到着したのは早朝の5時ちょっと前だった。

 しかし会場には誰もいない。いつもの車列がない。しかしイスは置いてある。そして張り紙が。
 販売予定数の10人を超えてしまったとあった。つまり並んでも奈良さんの作品は買えないのである。今年は10点の出品ということはあらかじめわかっていた。毎年並ぶ人数を考えると早朝の到着では難しいということはわかっていた。でも現実を前にするとやはり・・・・・・・・。
 今までに何回か買えなかったことはある。渋滞に巻き込まれ遅くなったり、作品がまだ会場に到着していなかったりといろいろある。さて来年はリベンジの年である。


 奈良さんの作品は買えなくてもまつりを記録しておく義務がある。なかなかまとまった記録が見あたらないだけに、アップしてある内容は同じようだけれど続けることに意義があるのである。

 6時から交通規制が始まるが、いつもの駐車場も5時過ぎにはもう閉鎖されている。仕方がないのでいちばん近い参拝用の駐車場に駐める。1時間以内無料。7時までに入場すれば次の1時間は100円。7時を過ぎると次の1時間は400円。ちょうど6時ころ入場したので7時ちょっと前に一回出て再入場というせこい手段をとる。

 常連さんの顔を見に行く。同じような顔ぶれだ。

     
 静かな朝  穏やかな天気  もう開店準備をしているのは赤福だけ
     
 陽が少しずつ高くなってくると会場準備が始まる    楽市の安江さん
     
 楽市の雲林院さん    抜けるような青空
     
 絵手紙展も恒例になった    ここにはよしずの屋根があったのでは
     
 まだここも静か    五十嵐さんも開店準備を始めた
     
 現代作家展会場も静か    こんなところに作家の名札があった
     
 太鼓やぐらの上に猫舞いの頭が2つあった  これはいつの頭かな  
     
 どんどん陽が高くなってくる  通りに陽が射してくる  少しずつ通りに活気が出てくる
     
 猫もエサをねらって出てきた    


 しばらく駐車場に戻って朝食をとり休憩する。
 まつり開始の時刻が近づく。内覧会を見に行く。何と今年は10点の作品すべてが異なる品だ。しかもサッカーボールを蹴る「勝ち招き猫」などという珍しい作品も出ている。どうも買い損なった年に限っておもしろい作品が出る傾向にある。

     
 目の毒です  何と! 何と!! 
     
 何と!!!  全部違う  
     
   1番さん 大猫  2番さん 勝ち招き   お買あげ
     
 これ!  東海テレビの撮影 もう中野はなくなっていました 

 今年の戦いは終わった。すでに来年に向けて神経戦が始まっている。

 各地の郷土人形はかつてほど作品の品数が多くないのが寂しい。仕入担当のYさんもなかなか会社の人間だけに自分の自由にならないようで大変そうだ。

     
   かつては種類も数も多かった  
     
   附馬牛は佐々木孝和さんの作品  高山八郎さんの作品も数が減ってきた
    数こそ少なくなったが、
以前に買い入れていた高山八郎さん、
相良隆さん、佐々木孝和さんなど
故人となってしまった作者の作品も並ぶ。
そういえば坊ノ谷 が見あたらなかったな。
 亡くなった相良隆さんの作品。ヒゲを書き忘れている。 ヒゲありが残った。  

 亡くなった相良隆さんの招き猫を物色する女性。奈良さんの作品を買った親子だ。少し黒の部分に、はげがあるが顔つきの気に入った方を購入。ヒゲを書き忘れた珍品?だった。手作りの郷土人形を一点一点微妙に筆遣いがちがうのでまさに一点ものと同じなのだ。
 実はまだ家にない作品もあるのだが、年金生活に備えて節約節約。

     
  そうこうしているうちに街中も賑わいを見せてきた。  みんな日陰に入っている 山車も出た
      まつりを見に来た人と参拝者が
入り交じるのが伊勢の特長。
おそらく参拝者の割合の方が多いのでは。
そこらあたりが瀬戸とは大きく異なる。
   楽市も準備完了  
     
 招き猫現代作家展  撮影禁止  
     現代作家展を見に行く。
松風さんの顔を見るたび
名刺の原画を依頼を思い出してしまう。
佐山さんに今朝、東京で
大きな地震があったと教えてもらった。
 福引き準備も完了 今年は引くこともないだろう  人が多くなってうれしそう  
     
   もりわじん猫が招く  定位置
     五十鈴川あの流れを見ながら
伊勢参拝へ
   台風で増水しているかと思ったがきれいな流れ  
     
 撮影スポット   こんなところに水谷ワールドが 

 いつもながら信仰心のかけらもないのに伊勢神宮参拝。
 きれいに晴れたがそれだけに暑い。やはり朝早く参拝すべきだった。

     
   撮影はここまで  
     
   元本宮のあった場所へは何故か通行止め  
     
 静かだな  はい、今年も参拝しました  

 また通りに戻ってきました。人通りはますます多くなっている。

     
 むかしニーニャがいた  招き猫みくじ  おかげ犬も毎年勢力を増している
     
 五十嵐さんの絵付け体験も盛況  この時刻になっても見えづらい猫がしら これまでいろいろな飴屋職人さんがやってきた
     
 赤福氷で一息  今年のおみやげは虎屋のういろ  おはぎういろと伊勢茶栗ういろを買った

 疲れてきたので帰るとしよう。

 途中ゆっくりだったので名古屋に近づくころには少し暗くなってきていた。
 いつもの川越でラーメン夕食。以前もらった餃子ただ券がまだだいぶ残っている。

     
 いつものラーメン店    いろいろ入り
     明日は休日なので急ぐ必要はない。
順調にいけば日付が変わる前に帰宅できたが
無理はしない。
休憩を繰り返しながらゆっくり東へ向かう。
帰宅するころには明るく輝いていた金星が
夜明けの光の中に少しずつ消えようとしていた。
 到着  夜明けの空に金星が輝いていた  


 今年の招き猫まつりは終わった。
 来年のリベンジに向けて、着々と作戦を練るのであった。