第19回来る福招き猫まつりin瀬戸 2014年

 早くしないと今年の招き猫まつりになってしまう。
 まずい!今週末は瀬戸のまつりだ。ほとんどできあがっていたのにまだアップしていない。
 しかもなんと18年通い続けた瀬戸のまつりに今年(2015年)は仕事で行けない!!!!!あと5日で第20回来る福招き猫まつりがスタートするので急いで昨年分をアップします。忙しさにかまけてまたまた1年遅れのお間抜けアップ。まぁ記録としてみてください。(2015年9月22日ニャンニャン)

    瀬戸の招き猫まつりに出発。
今日は2日目最終日になる。
最近は日程の関係や瀬戸パークホテルが
予約できないこともあり新幹線を使うことが多い。
今日も早朝出発。
黒猫くんがいた。さい先がいい。
 
     黒猫と目があった
      名古屋駅到着。ここから中央線で大曽根へ。
 今日は晴れている。富士山がよく見える    
   早速しっぽを装着。
  まずは銀座通りに向かう。
 
 名鉄に乗り換え尾張瀬戸に    これは


 銀座商店街へ。どら猫市も2日目準備完了。

     
  どら猫市の皆さん準備完了 おなじみ 招き猫神社  今年はフラッグコンテストがない
    銀座通りのアーケード街を飾る
フラッグコンテストを
今年はやっていない。
やはりあれがないと寂しい。
 空き店舗も目立つ。ここは改装して新規開店か?  似顔絵招き猫  
     
猫 メイクにも整理券発行    やっぱり瀬戸のまつりはこれがないとね
 瀬戸のまつりには猫メイクが欠かせない。
すっぴんでは恥ずかしくて?歩けない。
メイク会場はどこでも混雑していた。
  とりあえず深川神社にお参り
銀座商店街の入り口に
大きな空き地ができている。
昨年は何があったかな? 

深川神社でいつものわじんさんの白猫くんが
迎えてくれた。
招き猫みくじを授与
   ハーモニカおじさん準備中  
     
 まずはお参りに行こう  ここは何があったかな?  深川神社参道
     
 瀬戸の街ならでは  深川神社の白ちゃん。わじんさんの作品  

 今年は天気もいいし、まつり気分も盛り上がる。

     
   お囃子が繰り出した  
     
   今戸神社も出張  
     
 招き猫釣り   おなじみ929(来る福)ナンバーのネコカー 
     
 毎年おなじみの風船アート どこにいても目立つ   
     
 わじんさんの猫展   猫焼きそばはすっかり有名人になってしまった 

 末広商店街を歩く。

     
 ここの見学も外せない  瀬戸ノベルティ文化研究所  
     
 いつみてもこの繊細さはすごい  内藤ルネのデザインした作品群  古めの招き猫がいた
     
 制作者のおばあちゃん94歳になりました  ネットで探すよりこちらの方が品数が豊富かも  
     
   みんなおばあちゃんの作品  
     
   最近は類似品も見かけるようになった  
     
 ライブショー    いわゆる大道芸ですね
     
     猫メイクブースはコチラだニャ
    手づくり楽市(宮川モール)
「わるねこ]シリーズの
萩工房も出店している 
手づくり楽市   萩工房  
 末広商店街のアーケードにいる
大型の焼きものの招き猫だが
今年はお客さんに囲まれている。
   
   今日はお客さんに囲まれている  今日は満足そうな顔

 そしてシャトルバスに乗って丘の上の文化会館へ。

  無料のシャトルバス
せとらんぜ号に乗って 文化会館へ。
このシャトルバスがなかったら
会場が分散している瀬戸は
これだけまつりが
盛んにならなかったかもしれない。
 
 せとらんぜ号    文化会館
    作家さんの作品展は撮影不可で
お伝えできないのが残念。 
 板東さんの写真展  作家さんの作品販売会場  
 むかしはまつりの規模も小さかったので
作家さんも一般の方もいっしょに
楽市をやっていた。

狭い会場にブースがひしめき合って
混雑していたが

それだけみんな親近感があった。
しかし今は百人展の作家さんと
それ以外の出品者など別れてしまったので
以前のワイワイ感がない。
出品者が多いので
1箇所に収まらないという問題はあるが
むかしを知るものにとっては
ちょっと寂しさがある。
   
   日本招き猫倶楽部の楽市  むかしはみんなで楽しかった
     
 佐藤法雪さんのブール    
     
   写真撮影OKというのは珍しい  
 作品の著作権など難しい問題はあるが
佐藤法雪さんの撮影OKという英断は賞賛に値する。
特に大型招き猫の前では
順番待ちができてそれだけでも
みんなを楽しませるサービス効果と
佐藤さんの作品自体を広める
両面の効果があったような気がする。
   
   巨細招き猫の前が記念撮影ポイント  皆さんの撮影のじゃまにならないように脇から

 そしてシャトルバスで下って、またまた瀬戸蔵へ

    どら猫市の親方Tさんの寄贈品は
毎年瀬戸蔵の中心に陣取って
会場のシンボル的効果を上げている。 
 親方の寄贈品頑張ってます!    
  何となくパワースポット的な存在になってきた。   
 これだけ集まるとやはり迫力がある   片付けが大変そう 
 瀬戸の街はこの時期まつり一色。
せとちゃんも職員もネコメイクでお出迎え。
   
   せとちゃんもこの2日間は猫メイク  限定せとちゃんシール
     
 百人展 メンバーがずいぶん入れ替わった  この巨大バルーンもまつりに欠かせない存在になっている 
     
  招き猫絵付け体験 
     
 和歌山電鐵が今年も出張    たま駅長も一役かっている
     
   たまとニタマ  
     
 新企画 キティちゃんハグ  こいつは何だ!「トメ」というらしい  こいつもなんだ?
     
 ラジオサンキューのプロデューサーついに今年は猫姿でフラメンコに挑戦   
    招き猫づくり体験
招き猫が招く 
     
   
 末広商店街 今年は天気もいいのでまずまずの人出    

 ふたたび銀座商店街へ

     
   招き猫立体ぬりえ  
     
 こちらどら猫市の面々    
     
 今年の人気 千早さんの手描きTシャツ  表はもっと猫数が多い  
     
  店じまいの時間も迫ってきた   
     
   そろそろ陽が傾いてきた 店じまいの開始  
     
 安江さんこんなところでも展示していたのね    見に行けなかった
     
 みんな手際がいい    あっという間に荷造り完了
    メイクを落としこちらも帰る準備 
 バイバイ!また来年  今年のまつりももう終わり  


 陽が落ちて薄暗くなってきた瀬戸の街。

     
 日が暮れてきました    
     
   考えてみればもう秋分 日没も早くなってきた  もうシャッターを下ろしている店もある
     
     日暮れとなると人通りも少なくなる
     
   夜の雰囲気もいいが何故か寂しい  パルティ瀬戸
     
 さて帰るとしよう  尾張瀬戸の駅も寂しい  
     
   今年の招き猫まつりも終わりとなった  


 それではどら猫市の皆さんまた来年お会いしましょう。