現代きりえ作家展に行く
                                                    2015年4月29日

 瀬戸などで何回かお会いしている切り絵作家の高綱公子さんから案内状をいただいた。池袋にある東京芸術劇場内のギャラリーで開催された『現代きりえ作家展』に行く。近いので歩いて行く。4月28日~30日の3日間の開催だ。

     
 東京芸術劇場  5階のギャラリーが展示会場  
     
  こうやって画像にすると切り絵に見えない   
     
    実にいろいろな手法がある 
     
  遠目には版画のように見えてしまう   
  
ギャラリー風景  


 もともと猫展ではないので猫はあまりいない。
 その中に猫を見つけた。

     
 猫作品があった 渡邊有子さんの「hapiness」 同じく「hapiness2」 
   こちら高綱さんの作品2点
どちらも猫もの
 
   
  SPring1 
   高綱さんの猫はすぐわかってしまう。
以前、瀬戸の百人展に出品していた際も
入り口近くに置いてあった作品は
遠目に作家がわかってしまうものだった。
今回の2作品も
やはり高綱ワールドなのである。


なぜ「SPring」2番目のPが
大文字なのかは聞き損なった。 
 SPring2  
 作品の前でパチッ
これで作品の大きさがわかるでしょ。
かなり大型の作品も制作している。

2008年の来る福招き猫まつりの
「二人展」の際の画像はこちら
   
   高綱公子さんと  それではまた次の機会に
     
 芸術劇場の前では古本市をやっていた   しばらく品定め


 今回は古本の収穫なし。帰宅するのであった。